宮崎県バドミントン協会

*

教職員連盟への加入条件について

   

審判・指導部

例年問い合わせのある教職員連盟の加入条件について掲載いたします。

1.本連盟(※日本教職員バドミントン連盟)の会員は、(公財)日本バドミントン協会会員であって下記 に該当する者とする。
(1)学校教育法第1条に規定する学校(幼稚園、小学校、中学校、高 等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学及び高等専門学校と する)、または学校教育法第十一章、第百二十四条に規定する専 修学校、または第十二章 第百三十四条に規定する各種学校に在 職し、教育の任に当たっている教授、准教授、教諭、講師(非常 勤も含む)、助教、助手、および上記の学校に現に在職する職員、 並びに各地区教育委員会の職員(非常勤も含む)とする。
(2)永年教育機関に勤務した者が定年等により退職した場合、各都道 府県教職員バドミントン連盟の推薦があれば会員に準ずる資格を 得 ることができる。

※つまり
 ①学校に勤務する教員(教授、准教授、教諭、講師(非常 勤も含む)、助教、助手)
 ②学校に勤務する職員(事務職員・会計年度職員など)
 ③各地区教育委員会の職員(非常勤も含む)
 となっています。

 

 

★お問い合わせ★

宮崎県バドミントン協会指導部mba-shidoubu@outlook.jp
mba-shinpanbu@outlook.jp

 - 審判部・指導部